ついに発見!?イケメン臨時職員

みきぷりん
ふう
みきぷりん
(穏やかな午後のひととき)
みきぷりん
(こうして海外のイケメンを眺めながら休憩するっていうのも、悪くないかも)
所長
! みきぷりん、緊急事態だ!
みきぷりん
っ……ごほごほ。所長?
みきぷりん
(穏やかな午後のひとときが…!)
みきぷりん
……はあ。どうかしたんですか?所長。そんなに慌てて
所長
まずは、これを見てほしい
みきぷりん
え……?
みきぷりん
(ピンク色の封筒、ハートのシール)
みきぷりん
(イケメン研究所所長様とかかれた宛先)
みきぷりん
(まさか、ラブレター!?)
所長
ふっ
所長
ついに世界が、私に気づき始めたようだ
所長
これも日頃のイケメン研究の成果が…
みきぷりん
早まらないで。とにかく開けてみましょう
所長
……ん? それもそうだな
所長
……
みきぷりん
……
所長
こ、これは
みきぷりん
履歴書じゃないですか
みきぷりん
そういえばこの間から、イケメンシリーズ五周年企画を担当する臨時所員を募集し始めましたけど、その応募書類でしょうか
みきぷりん
(他の応募はまだ、一通も来ていないけど)
みきぷりん
それにしても、なんでこんな紛らわしい封筒に入っていたんでしょうね?
みきぷりん
……所長?
所長
……
みきぷりん
あっ
みきぷりん
(察し)
みきぷりん
(さすがの所長も、ショックを受けているのかもしれない)
みきぷりん
(『世界が気づきはじめた』とか、かなり大きなこと言っちゃってたし)
みきぷりん
(……ここは助手である私が、なぐさめなければ)
みきぷりん
所長、あの……
所長
みきぷりん
みきぷりん
え?
所長
私はこんなにも情熱的なラブレターを、もらったことがない。感動だ
みきぷりん
ラブレターって所長、何を言って……
所長
読んでみたまえ
みきぷりん
……。あ!
みきぷりん
(この履歴書、よく読んでみるとすごい)
みきぷりん
研究室で、イケメン学を研究中の現役大学院生
みきぷりん
帰国子女の、ハーフ……って
みきぷりん
嘘みたいな設定ですね
所長
そうだ。そして注目すべきはここだ、みきぷりん
所長
イケメン研究所所長、この私の熱狂的なファンらしい
みきぷりん
え!? あ……本当に書いてある
みきぷりん
(尊敬する人……イケメン研究所、所長って)
所長
やはり、世界は私に気づいていたようだ
みきぷりん
……。そこも含めて嘘みたいです
所長
とにかく彼は、イケメン研究所にふさわしい人物に間違いない
所長
経歴、志望動機、容姿、どれをとっても彼は逸材だろう
みきぷりん
それじゃあ、イケメン研究所の臨時所員は…
所長
もちろん彼に決定だ
みきぷりん
……
みきぷりん
(イケメン研究に青春をささげる、ハーフのイケメン大学院生)
みきぷりん
(尊敬する人は、イケメン研究所所長……か)
みきぷりん
(なんだか、騒がしくなる予感がする)
みきぷりん
(私の、穏やかな午後のひとときは、もう帰ってこないかもしれない)
次回…――イケメン臨時所員、初めてのご挨拶!?
 
所長
忙しくなりそうだな、みきぷりん!
みきぷりん
……はい

おわり

 

↓イケメン研究所の公式Twitterはこちら↓

イケメン研究所バナー_500